Music Open Day

Music Open Day

Thursday 25 January, 10am – 4pm

Book now

International students: Japanese

留学生のための 入学試験の会場 に来られない海外からの入学申込者は、高画質のDVD、又はオンラインリンクでのオーディションが可能です。送り先は以下の住所にお願い致します。

送り先

Admissions Officer, Birmingham Conservatoire Office
Level 2, Millennium Point
Birmingham City University
Curzon Street 
Birmingham 
B4 7XG
United Kingdom

申し込みの時点において既に英国に在住の受験者は、録音ではなく、 バーミンガムにて入試オーディション を受けて頂きます

録音のガイドライン

まず、録音の冒頭に;

  1. 名前を述べること
  2. 演奏曲について英語で簡単に説明すること

受験者は、録画が修正されたものでないという在学校からの証明を提出して下さい。

コースにより、課題が異なります

学士課程 

  • 打楽器を除く器楽奏者:コントラストのある曲を2曲以上.
  • 声楽:スタイルと作曲年代の異なる2曲(又は楽章)その内1曲はオペラのアリア(レチタティーヴォを含む場合はそれも録音に入れること)又はオラトリオ
  • 打楽器:1.ティンパニ、2.スネアドラム、3.シロフォン、ヴィブラフォン、又はマリンバ (1.2,3それぞれ自由曲) オプションとして、ドラムキットの演奏を提出する場合は、演奏グループ又は録音との共演で、コントラストのある2曲 注:前以て打楽器主任と相談して曲目の承認を得て下さい。(メール宛先は:(Adrian.Spillett@bcu.ac.uk)
  • 作曲:3曲以上の自作作品のポートフォリオ(楽譜) その内の最低1曲は録音も提出して下さい

学士課程  ジャズディプロマ

  • コントラストのある2曲;独奏部とリズム・セクションを含むことが必須
  •  完全な詳細は、当社の入学チームから入手できます。

大学院修了資格、ディプロマ、ジャズ修士課程

  • ジャズ奏者:独奏部とリズムセクションを含むコントラストのある2曲
  • 作曲:3曲以上の自作作品のポートフォリオ 楽譜 その内の1曲以上の録音を求められる場合もある

大学院修了資格、ディプロマ、修士課程

  • ジャズ及び伴奏科を除く器楽奏者:15分以上のコントラストのある自由曲を3〜4曲(又は楽章)
  • 木管、及び金管楽器:上記の曲目の他に2つのオーケストラスタディーも録音すること
  • 声楽:少なくとも、英語を含むヨーロッパの3ヶ国語で歌われる曲を入れること
  • 金管五重奏:グループとしてのアンサンブルのほかに、各自の独奏をも録音すること
  • ピアノ伴奏科:ドイツ・リートを含む声楽との共演3曲のほかに、ソロピアノ曲の録音も入れること
  • 作曲:3曲以上の自作作品の楽譜、及びその内の最低1曲は録音も提出すること
  • 打楽器:15分以上の録音に、ソロのレパートリーやオーケストラスタディー、その他にドラムキット/ラテン/エスニックパーカッショントラックを入れても良い 前もって主任に連絡して曲目について確認すること メールの宛先は: (Adrian.Spillett@bcu.ac.uk)
  • ミュージック・テクノロジー:クリエーティヴな自作作品2−3曲のポートフォリオ 楽譜、CD、DVD、CD−Rom
  • 合唱指揮者:場合により、こちらの選曲の合唱曲の演奏録画DVD(又はデジタルビデオ)の提出を要望されることがある (詳細は お問い合わせ 下さい)
  • 音楽学理:自分の選んだプロジェクトに関する要約を提出し、後日それについてのディスカッションを行う

大学院上級ディプロマ

  • 前記の,大学院修了資格/ディプロマ/演奏家修士課程と同じ課題
  • 演奏のDVDを提出すること
  • レペティター(オペラ伴奏者)以外の受験者は、現在のレパートリーのリスト及び、50分のリサイタルプログラムを2種類提出すること